美容整形で人生が変わった話

自分の容姿に対して強いコンプレックスを抱いていた

自分の容姿に対して強いコンプレックスを抱いていたバイトで必死に貯めたお金で初めて美容整形手術当日は更に緊張感が増していて吐きそうになりました

物心ついた時から自分の容姿に対して強いコンプレックスを抱いていたのですが、その理由には幼少期に言われてしまったある言葉が関係しているような気がしています。
それは、同じクラスの男子生徒から何気なく言われてしまった「どうしてそんなに目が小さいの」と言う言葉で、それまで全く自分の目について考えたことが無かった私にとっては正に衝撃の一言となってしまったからです。
その言葉を言われてからと言うもの、鏡を見るたびに自分の顔が嫌いで仕方なくなってしまい、いつの間にか夜寝るたびに顔を叩いて自分を傷つけるようになってしまいました。
親に容姿のことを何度も相談したりしましたが、その顔が可愛いんだと全くと言っていいほど相手にしてくれず、何度も泣いては暗い気持ちで夜を過ごすばかりの生活になっていたのです。
そんな悲しい思いを初めて友達に相談してみたところ、その友人がスマートフォンで画像を見せてくれながら美容整形について教えてくれたことで私の人生は大きく変わることになりました。
値段は高いけれど相談しに行けば必ず気になる部分を綺麗にしてくれること、今までの自分とは180度変わった容姿を手に入れることができるようになるなど希望が見えるようになったことは本当に嬉しかったです。
いつか自分で働けるようになったら必ず美容整形を行うんだと強く心に決め、その為には今できることを必死にやろうと頑張れたのは今でも誇らしい部分の一つかもしれません。

わしの存在は韓国の美容整形の歴史から消されたらしい。

韓国美容外科学会がよちよち歩きの時代は日本美容外科学会がソウルで合同の学会を開いてノウハウを教えてあげた。


日本の学会記録は消せない。


中国人の韓国美容整形ツーリズム頭打ち 韓国で整形手術を避けるワケ https://t.co/ebZ3A5zA9H

— 高須克弥 (@katsuyatakasu) May 14, 2021

美容整形品川スキンクリニック【公式】