美容整形で人生が変わった話

手術当日は更に緊張感が増していて吐きそうになりました

自分の容姿に対して強いコンプレックスを抱いていたバイトで必死に貯めたお金で初めて美容整形手術当日は更に緊張感が増していて吐きそうになりました

手術当日は更に緊張感が増していて吐きそうになりましたが、こわばっている私に優しく声をかけながら気を使ってくれるスタッフさん達がいたので、勇気を出してそのまま手術を決行することになりました。
目の周りに麻酔を打たれる瞬間が一番痛くて泣きそうになりましたが、その後はいじられている感覚が一切ないくらいスムーズに行われていったのでちょっと拍子抜けです。
手術直後は少しだけ目が腫れていて恥ずかしい見た目になっていたので、目立たないようにサングラスをしてクリニックを後にしました。
その後、大体2週間を過ぎたあたりから二重が綺麗に馴染むようになり、あんなに重たくて暗い印象だった目元がぱっちりと明るい印象になったことをすごく嬉しかったです。
これからは自分にもっと自信を持つようにしていき、いろいろなことにチャレンジすいていきたいと思えるようになりました。